革命のファンファーレ「クラファンで勝つには?」

2017年12月2日 (土)

キングコング西野さんの著書「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」を1章づつ考察して行くコラム「キミの才能を殺したくなければ、お金の正体を正確に捉えろ。」編です。

この章ではお金とは何か、クラウドファンディングとは何かを簡単に説明しています。
お金の説明はちょっと端折りすぎててこの文章だけではよくわからない部分もあります。
「この人は魚を100匹売りさばいた信用のおける人ですよー」という「信用証明書」が、何で自転車と交換できるのかちょっと分かりません。

クラファンについては、芸能人のクラファンを例に出し、クラファンで勝つには認知よりも信用が大事だよー、という内容です。

ここでいつも西野さんの話を聞いていて気になっているのが、確かに芸能人なら認知よりも信用が大事ってのは分かります。でも普通の人はそもそも認知されていません。認知されなければ信用もありません。だって存在すら知らない人を信用するなんてことは不可能です。なので、普通の人はまず認知されなければなりません(勿論、認知と信用同時に取ってもいいです。)。

西野さんの言い方だと「認知よりも信用!」な感じですが、まだ認知されてない人は認知と信用の両方を取っていかなければならないと思います。
そしてこの本には認知の取り方は書いてありません。
まあそれは色々やり方あるし、自分で考えろってことですかね。